第3学期 始業式

1月9日(火)に第3学期の始業式がありました。始業式で校長先生が「3学期は締めくくりの学期です。今を大切にし、足下をしっかりと見て、一歩一歩確実に次のステップに進む学期にしよう」と話がありました。

出初め式

1月6日(土)に射水市消防団の堀岡分団による出初め式が射北中学校でありました。堀岡分団の方が市全体の出初め式の後に、本校を訪問され、グラウンド横の敷地で放水を行いました。

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。今年も本校の教育活動に対して、ご理解とご協力をお願いします。                                                 生徒においては、新年を迎えるにあたり、頑張りたいことや心がけたいことなど、新年の抱負をたて目標をもって3学期を迎えてもらいたいと願っています。

 

また、3年生は1月4日、5日と実力テストを実施し、自分の冬休みの勉強の成果を出そうと、問題に真剣に取り組んでいました。

 

いみず苑との交流会(JRC委員会)

12月24日(日)にJRC委員会が企画した「いみず苑」との交流会がありました。1,2年のJRC委員といみず苑からの参加者10名が参加し、各グループに分かれて、ホットケーキを作ったり、みんなで歌、ゲームなどを行いました。いみず苑の方も喜んでおられ、楽しい交流会になりました。

第2学期 終業式

12月22日(金)に第2学期の終業式がありました。校長先生からは、「数々の大会やコンクール等での受賞、文化活動発表会での70周年の歩みの発表など、みんなのがんばりを感じるとともに、諸活動の中での生徒間の協力から「気づき考え実行する」JRC精神が育っていることを感じた」、「第3学期は3年生は総決算の時期、2年生は最高学年になるための準備、1年生は先輩になる準備の時期である。時間を有効に使って、今、何をすべきかと考え実行してほしい」などの話がありました。

校旗贈呈式

12月22日(金)に校旗贈呈式がありました。創校70周年を記念して同窓会から校旗が寄贈されました。贈呈式では、谷川同窓会長から校長先生、生徒会長に校旗が渡されました。谷川同窓会長から、校章の3つの緑は「尚志」「自修」「自治」を表していること、人生を考える本として「君たちはどう生きるか」の本を紹介されたこと、「命とは時間である。その時間をどう過ごすのかが大切である」ことなどの話がありました。

金融教室(3年)

12月19日(火)、3年生を対象に金融教室がありました。射水商工会議所が中心となり、中学生に生活スキルである金融と保険に関する知識を学んでもらおうという趣旨で実施されました。金融に関する内容は北陸銀行の山本支店長が、保険に関する内容はアクサ生命保険の石本所長が講師となり話されました。生徒は、専門的分野からの話を聞き、銀行の仕組みや生命保険、社会保険、年金等の特徴について詳しく知る機会となりました。

 

書初大会練習会

12月18日(月)に書初大会の練習会がありました。1月9日に行われる書初大会に向けて生徒はお手本を見ながら、一筆一筆、丁寧に書いていました。どの学年も静寂な雰囲気に包まれながらの練習会になり、今日の渾身の作品を展示しました。なお、各学年の文字は1年が「立山連峰」(楷書)、2年が「白き雷鳥」(行書)、3年が「温故知新」(行書)です。

 

 

ことぶき苑訪問(吹奏楽部演奏)

12月9日(土)にことぶき苑訪問がありました。今回は、吹奏楽部の演奏をしてきました。1,2年生の吹奏楽部が参加し、アンサンブルや全体での合奏など6曲を披露してきました。お年寄りから「うまいもんだね~」と言われ、互いに和やかな雰囲気での演奏会になりました。

教育と福祉の講演会

12月9日(土)に下村コミュニティセンターで、「地域共生社会とは~みんなちがって みんないい~」という演題のもと、富山国際大学の村上先生が講演されました。本校からは、後期生徒会執行部・委員長が参加しました。

村上先生の話から、地域社会の中で、一人一人が自分らしく過ごせるために大切なことについて学ぶ機会となりました。生徒たちは講演を通して、温かな心を広げ、互いを認め合う言葉かけや行動をしていきたい、と感じていたようでした。