始業式(第1学期)

4月4日(木)に第1学期の始業式がありました。始業式で校長先生は、JRC精神の「気づき、考え、実行する」を例に挙げ、「何に気づくのか」(目標やよい点、課題点等)、「どう考えるのか」(どのようにするか、具体的に何をするか)を話されました。そして、実行した結果、「うまくいったら自信になる」「うまくいかなくても反省することで次につながる」そのことが自信になる。自信がつけばその人の力になり、成長していくことになるという旨の話がありました。始業式の後、教頭先生から担任や部活動顧問の紹介がありました。

 

新任式

4月4日(木)に新任式がありました。昨年度の異動により4人の方が新しく本校に赴任することになりました。教頭先生から紹介があり、各先生から生徒のみなさんに話がありました。なお、新しく赴任された先生方は下の通りです。

稲田壮一校長先生(小杉中より)、笹嶋 裕先生(新規)、西村まゆみ先生(小杉南中より)、塚本実さん(用務員、新規)です。

退任式

4月4日(木)に川邊校長先生の退任式がありました。校長先生は式の中で、「レッツビギン。新たなことに挑戦するためにも自分でしっかりと考えることが大切である」と最後のはなむけの言葉を生徒に話されました。

新3年生、新学期準備

4月3日(水)に新3年生が登校し、新学期の準備をしました。各教室の机や椅子の数を確認したり、教科書の確認をしたり、校舎の清掃したりしました。底冷えのする寒い日でしたが、一人一人がテキパキと仕事をこなしており、最高学年の自覚を感じた時間でした。

修了式、離任式

3月22日(金)に平成30年度の修了式がありました。校長先生から、各学年代表の生徒に修了証を渡しました。また、式の中で「これから、創造力を働かせて、自分で考えることが大切である」「春休みに、次の学年の準備をしてほしい」と話がありました。

本校を今年度に離任される講師の川端先生と松井先生、用務員の中村さんの離任式がありました。各先生から一言話をされ、代表の生徒が手紙を読みました。

卒業証書授与式

3月14日(木)に第72回卒業証書授与式がありました。校長から3年生125名に卒業証書が渡されました。校長は式辞の中で「これからの時代はコミュニケーションをつける力が一層求められる。そのために情報を自分で受け止め自分で考える力が大切である」「幸せになるための5か条として笑顔、感謝、謝ること、なさけ、ポジティブである」と述べました。また、式歌では歌声が体育館に響き渡り、静粛な雰囲気に中にも感動的な卒業式となりました。

同窓会入会式

3月13日(水)に同窓会入会式がありました。同窓会長の谷川さんが来校し、3年生にお祝いの言葉と同窓会についての説明がありました。また、代表の生徒が誓いの言葉を述べました。

資源回収(3月10日)のご協力のお礼

3月10日(日)に資源回収を実施したところ、保護者の方々のたくさんのご協力、ありがとうございました。おかげで、大量の資源の回収を効率よく行うことができました。今後ともよろしくお願いします。

平成31年度前期生徒会役員選挙 立会演説会、投票

3月8日(金)に来年度(平成31年度)の前期生徒会役員選挙の立会演説会と投票がありました。生徒会役員に立候補した8名が、それぞれ生徒会への意気込みや抱負について演説しました。どの演説も素晴らしい内容でよりよい生徒会を目指そうとする気持ちが伝わってきました。立会演説会後には、投票が行わ、各自が一票を投じていました。

キャリア教育(進路学習)講演会(1学年)

2月27日(水)に1年生を対象にキャリア教育(進路学習)の一環で講師を招いて講演会を行いました。講師として富山短期大学の小平先生をお呼びして「キャリア・職業人生を考える」という題目で講演をしていただきました。中学校後の進路の道や働くということ、将来の社会の様子、これからの人生で大切してほしいこと等、具体的な例を挙げて分かりやすく説明したいただきました。高齢化社会、AIの進歩等の話もあり、生徒ばかりでなく教師も考えさせられる内容でした。